HOME>>放っておくと大きくなる蜂の巣~蜂の巣駆除にオススメな方法~

小さくても危険

蜂には、ミツバチやアシナガバチなどの攻撃性の低い蜂や、スズメバチのように攻撃性の高い蜂がいます。どちらに刺されても毒性が高いので危険です。

蜂の巣駆除を自分で行う場合と業者に依頼する場合を比較

蜂の巣駆除を自分で行う場合の方法について

蜂の巣駆除を自分で行うには、危険が伴います。そのため、市販の蜂専用の防御服を必ず着用しましょう。駆除の方法ですが、市販の蜂専用の殺虫剤を購入して、1本丸ごと蜂の巣に噴射します。

業者に依頼をして蜂の巣駆除を行う方法について

蜂の巣駆除には危険が伴いますので、できるだけ自分で行わずに業者に依頼をしましょう。業者は蜂の巣駆除のプロですので、巣穴をふさいで一気にスプレーを噴射して巣を駆除します。

放っておくと大きくなる蜂の巣~蜂の巣駆除にオススメな方法~

散布機

蜂の巣が出来るメカニズム

蜂が巣を作るのは、人間が家を作るのと同じように雨や風や外敵から身を守るためです。春に冬眠から目覚めた女王蜂が巣を作りはじめるのです。スズメバチは、当初女王蜂だけで巣を作ります。そして、働きバチが生まれてくるといっしょに巣を作りはじめます。一方、ミツバチは最初から女王蜂と働きバチがいっしょに巣をつくります。

ハチ

自分で駆除する際の注意点

蜂の巣駆除は危険を伴うため、できるだけ業者に依頼するのが良いですが、自分で行うこともできるのです。その際の注意点は、必ず防護服を着用しないと危険が伴います。また、蜂は白いものは襲わない性質を持っているので、白っぽい防御服を着ると良いでしょう。

蜂

やっぱりプロに頼むのが一番

アシナガバチやミツバチは比較的おとなしいため、自分で駆除ができそうに思えますが、刺激をした場合は襲ってくる危険性があります。また、スズメバチは、非常に攻撃性が高いため、自分での駆除は危険が伴うのです。そのため、プロの業者に頼むのがお勧めです。

早めに依頼することが大切

蜂の巣を発見した場合は、すぐに駆除をする必要があります。放っておくとどんどんと大きくなりますので、早めの業者への依頼が必要です。

広告募集中