積み木の集合住宅

優良不動産に出会おう|住みやすい住居を手に入れるには

査定基準の違い

背広の婦人

マンション査定と一言に行っても査定の方法は大きく分けると二つあって、一つは簡易査定、もう一つは訪問査定です。一般的にマンション査定に限らず不動産を売却する際の査定では二つの査定を両方行います。それぞれの特徴を見ていきましょう。簡易査定は文字通り色々な事例によっておおよその査定を出すというのが特徴です。色々な事例とは、例えば過去に同じような物件がいくらで売れたかや、現在の土地の値段、建物自体などの価値が考慮されます。訪問査定は机上査定のデータを基にして実際に物件の中をチェックするというのが特徴で、さらに詳細な相場を出すことが出来ます。物件周辺の環境や利便性ももちろんですが、物件自体の状態が査定額を決める大きなポイントとなります。

マンションなど、不動産を売却する場合は不動産会社に査定をしてもらい、販売を仲介してもらうことが必要不可欠です。ですが、マンション査定を一社だけに依頼する人が意外に多いです。ですが、マンション査定で少しでも高く売りたいのであれば一社だけというのはあまり良い方法とは言えないのです。確かにマンション査定の準備などは大変ですが、複数の会社に査定をしてもらうことによって自動手的に競争させ、高く売ることが可能ですし、不動産会社自体を比較する事も出来ます。ただし、あまりに多くの会社に依頼すると逆に比較しにくくなるので注意しましょう。だいたい3社くらいが理想です。また、この3者は同じような種類の業者を選ばないように注意しましょう。同じ物件でも大手ネットワーク型の業者と地域密着型の業者では査定基準が変わってくるからです。