積み木の集合住宅

優良不動産に出会おう|住みやすい住居を手に入れるには

首都圏で家を購入するコツ

家

狙い目はベッドタウン

首都圏で家を購入するならベッドタウンとして人気のある街を選ぶようにします。なぜかというとベッドタウンというのは都内へのアクセスが良く、住宅地として優れている場所が選ばれて開発されたからです。街並も整っていますし、ライフラインも整備されています。首都圏のベッドタウンで人気なのが新所沢です。新所沢は埼玉県の所沢市内に開発されたベッドタウンです。東京都に隣接しており、私鉄を利用すれば都内のターミナル駅まで30分程度で行くことができます。駅前には高層マンションが建ち、スーパーや商業ビルや映画館の入ったショッピングセンターもあります。新所沢の特徴は災害がないという点です。もともと埼玉県は地盤が強固で災害が少ないので、不動産を購入するには最適の土地柄なのです。

家は足で探すことが大事

立地が良くて人気のあるベッドタウンでも、家を購入する時には不動産屋の選び方に気をつける必要があります。今はインターネットで不動産物件を簡単に探すことができますが、基本は自分の足で探すことです。特に地元の不動産屋を訪ねることは大事です。新所沢にも駅前に地元に強い不動産屋が何軒かありますので、まずそこを訪ねて地元の物件情報を得るようにします。社員は不動産物件を案内してくれるので素直に従うのも良い方法です。とりあえず見学するだけで、安易に契約をしなければ色々な情報を得ることができます。このようにして複数の不動産屋を巡れば、地価や周辺環境についてかなり知ることができます。そして不動産屋から良い物件が出た時には知らせてくれます。このように地道に探すのが良い住宅を購入する近道です。